So-net無料ブログ作成
検索選択

そろそろ分けて考えても・・ [国内ボクシング]


山中がV10を達成した翌日の
日刊スポーツには


「V10王者たちが証言」との小見出しで

具志堅、長谷川、内山らが

山中の強さを語っている記事がある。



具志堅は

「山中君のすごさは拳を正確に当てる能力。
 狙ったポイントを射抜く。あれは教えて出来るものではない」と指摘。

得意の左については

「会う度に返しの右フックを練習しろと言っているけど、
やらないね(笑い)。それだけ左に自信があるんだろう。

僕の現役時代は今より薄く小さい6オンス。
8オンスのグローブであれだけ倒すのはすごい。

見ていて楽しい選手だね」

と話している。




2度のダウンを奪ったソリス。

なんだか負けて評価を上げたかのような
雰囲気になっているが、

もう一度見直してほしい。


はっきり言って酷いボクシングだ。




とにかくジャブを出さないソリス。


右の感触がよほど良かったのか、
その右に頼りすぎてコンビネーションもない。


よって全体的にも手数が少ない。


あまり動かない割りにボディワークが
あるわけでもなく、ディフェンスも良くない。



フルラウンドのパンチ数は

山中402発に対し、

ソリス163発。




毎回手数が少なく退屈な試合をしていた
亀2でさえ約300発の手数だったのに・・








防衛回数が増えてくると、
スポーツ新聞では、

歴代王者たちの防衛回数なんかが
表になって掲載されて比較される。


1位が具志堅
2位が内山。

3位に山中と長谷川となっているが、


防衛回数の話になったとき、

そろそろ渡辺二郎を再評価してほしいもんだ。



今や完全に過去の人どころか
いなかった扱いになっている渡辺二郎。



WBAタイトルからWBCに鞍替えして
絶え間なく防衛を続けて合わせて10回の防衛。


統一戦も防衛戦に数えるのなら
11回防衛していることになる。



反社会勢力とのつながりは
確かによろしくないが、

それは現在であって、

現役時代の功績とは
分けて考えられないのだろうか。





いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP


























AIBAのプロ全面解禁案 [国内ボクシング]

東日本ボクシング協会は都内で総会を開き、
3月末で任期満了となる大橋秀行会長の後任として
ワタナベジムの渡辺均会長が満場一致で選出、就任を承認。




渡辺会長はプロボクサーの20年東京五輪出場も実現させたい考えだ。

国際ボクシング連盟(AIBA)が打ち出した
五輪でのプロ全面解禁案について、日本連盟の山根明会長は

「現時点で(国内プロ参加の)可能性はゼロ」としているが、

渡辺会長はアマ側と良好な関係を築いた上で
「リオ五輪は無理でも、東京五輪を目指してやっていきたい」

と見解を述べた。




AIBAのプロ全面解禁案について
レノックス・ルイスが反対の立場を示している。



「あまりに不合理な考えかもしれないね。アマチュアのシステムは、
アマチュアのためにある。だからヘッドギアを着用して、

経験不足な自分たちを守れるようにしているんだ。それに彼らは、
プロになる準備もできていない」

と述べた。

「それを今から突然、世界王者やトップ10選手の出場を認め、
基本的に経験不足なアマチュアと戦わせようとしている。

それが公平だとは思わないね」


2012年のロンドン五輪でスーパーヘビー級の金メダルを獲得した
アンソニー・ジョシュアを例にあげ、
次のように説明した。



「アンソニー・ジョシュアは五輪に出たけど、
あのとき、ウラディミール・クリチコと対戦していたら、
フェアではなかっただろう。なぜなら、

ウラディミールには五輪の出場経験や、
そこからの学びもあっただろうし、
今やプロとして約70戦の経験がある」


「今からやろうとしているのは、経験豊富なプロボクサーが、
例えば、プロ10戦という18歳の子どもを相手に、

金メダルを懸けて戦いを挑むようなものだ」



「その辺が私にはあまりよく理解できない」



1988年ソウル五輪でスーパーヘビー級の金メダルを
獲得した経験を持つルイス。

もしも、ソウル五輪で
国際ボクシング協会(AIBA)が
提案するシステムが採用されていたら、
ルイスは当時の王者マイク・タイソン氏と戦うことになっていた。


これについてルイスは、

当時の自分にその準備はできていなかっただろうと明言している。




このAIBAのプロ全面解禁案が通ったとして、

プロの世界王者が参加するかどうかは
懐疑的だが、

概ねルイスの主張は正しいように思う。







東日本ボクシング協会に就任した
渡辺会長は

東日本協会から除名された亀田ジムに関しては

「ライセンス発行のためにも(JBCとの)裁判を
取り下げるよう説得したい」

と話しているらしい。





なんで?


なんで.jpg






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP















livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner