So-net無料ブログ作成

どの五輪ボクシングが一番か [海外ボクシング]



無事に閉会したリオ五輪。


ボクシングの日本人二人は残念だった。


これまでと今回のボクシングの一番の違いは
何といってもヘッドギア無しになったことだろう。



これまでもいろいろとルール等が
変更され続けてきたアマチュアボクシング。



一部おかしな判定なんかもあったけど、
しばらくはこのルールでいくんだろうな。




全体的には選手の力量は微妙だった気がする。



じゃ、ボクシング競技においてどのオリンピックが
一番良かったかというと、



バルセロナだと思う。











バルセロナといえばデラホーヤが
アメリカ唯一の金メダルでボクシング王国の

メンツを保ったわけだけど、

この大会で一番の話題だったのは
キューバ旋風だった。



確か参加した9階級全てで決勝にいき
7人が金メダル、残る2人も銀メダルという

驚異的な結果だった。



私が一番好きな試合は
フライ級準決勝の


イシュトバン・コバチとチョイ・チョル・スーの試合。

(12分50秒あたり)


当時の世界1位、2位だった2人の技術戦は
見応えがあった。


コバチはこの大会は銅メダルだけど、
次のアトランタではバンタムで金メダル。


その後プロになってWBOフェザー級王者に。



チョイ・チョル・スーは日本に来て
協栄に所属し世界ランカーになるも帰国。


北朝鮮の選手だけに
その後は不明。





バンタム級決勝は
マッカラーとカサマイヨールの試合。


いとも簡単にカサマイヨールが、
まるでスパーでもしているかのように
勝ってしまった。

(1:04:47あたり)




ライト級決勝のデラホーヤの試合は、
世界選手権決勝で負けている
ドイツのマルコ・ルドルフとの試合。


ダウンを奪っての快勝で金メダル。


(1:17:50あたり)


その後、しばらく経ってから
マルコ・ルドルフもプロに転向。


世界ランカーになり
世界王者のなる前のグレゴリアンとも戦ったが
その後世界奪取はならず。




さらにこの大会には当時無敵だった
キューバのヘビー級フェリックス・サボンや


のちにプロのヘビー級でIBF王者になったクリス・バード、
バンタムでIBF王者になったティム・オースティンも出ている。





全体的な選手のレベルでいえば
バルセロナが一番楽しめた。




次の東京五輪はどうなるかな。






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP



















ジョーのあした [海外ボクシング]


ツタヤの行ったら

すでにレンタルが開始されていた

「ジョーのあした」


最近はDVDになるのが早いな。



ジョーJPG.JPG






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP
















livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner