So-net無料ブログ作成

リナレス クロラ 速報 [海外ボクシング]

1R

両者慎重に立ち上がる。
ガードを固めてジャブを出し合う二人。

ややリナレスの方が手数が多い印象。
その他は特に大きなアクションはなし。


2R

最初からクロが前に出る。

リナは下がりながらコンビネーションに
ボディーブローを入れ始まる。

クロの圧力が増してきたが手数でリナ。


3R

クロが全身しながら強いパンチを使い始める。
リナにはクリーンヒットしていない。

リナはコンビで反撃するもこちらもクリーンヒットなし。
ポイントはクロか。


4R

クロが前に出てリナが下がる展開は固定されつつある。

途中、リナのボディブローにチェックが入り、

休憩を与えてしまう。減点はなし。

再開後、両者手数が増え打ち合いに。
細かいクリーンヒットはリナだが、

歓声の雰囲気ではクロ。



5R

前に出るクロに対し、良いコンビを当てるリナ。
ロープ、コーナー付近でもうまく回り込んで
詰めさせていない。しかし、クリーンヒットは奪えていない。



6R

クロが前に出てリナが下げる展開は同じながら
ラスト20秒くらいにリナの良い右フックがヒット。

クロは明らかに効いている。
追撃のコンビもよろしくリナのポイント。


7R

クロの全身は止まないが特にそれ以外は何かあるワケでもない。
リナはパンチが良く見えているようでもらっていない。
しかし、見た目ではクロが攻め続けている感があり
たぶんポイントはクロ。



8R

ややクロの全身が弱まったせいか、
中間距離でのパンチの交換の時間が増えた。


コンビのスピード、的中率でリナ。



9R

両者疲れが見えてきたラウンド。
リナの手数も減る。クロのパンチは当たっていないが
打ちに行くだけでも歓声が上がるので
ポイントはクロか。



10R

両者少し活発にパンチの交換を始める。

リナも力を込めたパンチを多用する。

クロのパンチは雑ながらもリナのパンチの後には
必ず反撃に出る。

クリーンヒットはリナ。
歓声はクロ。



11R

クロの全身は変わらないが、手数が減って
ウェイン・マッカラーのような雑な打ち方になってきた。


しかしリナの手数も随分減って、
クロが前進している時間は攻め込まれているように見える。

ポイントはクロか。




12R


クロの前進も止みがちに。
さすがにリナのコンビも雑になってきた。


しかし終盤に高速の連打を打ち込むリナ。

クリーンヒットは両者特にないが、
連打の印象でリナか。




結果、

115-114
117-111
115-113


でリナの勝利。


敵地ながらクリーンヒットが
ちゃんと繁栄した結果となった。


ちなみに私の採点は
115-113でリナでした。



簡単ながら速報は以上です。







いつもクリックありがとうございます。




にほんブログ村




ボクシングJP






WOWOW









本当か?! [海外ボクシング]

昨日、 AT&Tスタジアムの51,240人の声援するファンの前で
再びSウェルターのタイトルを獲ったカネロ。



試合後のインタビューでの
GGGとの対戦の質問には
いまいち歯切れの悪い感じだったが、

今日の海外サイトにはこう書かれている。



Canelo: I am willing to fight GGG at 160




簡単に言うと、


すでにカネロとGBPは

GGGのチームに対戦の申し込みをしたという。


ボールは投げたので決めるのは向こう。
体重も問題ない。


とのこと。



“We made the offer and now it’s on him, the ball is in his court.
The weight is no issue anymore,” said Canelo.





そして、体重は160ポンドでいいのかとの問いに、



“Yes, that’s not an issue anymore. I don’t fear no man.
We made the offer now it’s on him, let’s wait for the response,”

concluded Alvarez.




問題ない。我々はオファーを出したので
レスポンス待ちだ。


とカネロは結論。




おい、カネロ。


本当だろうな。








いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP






WOWOW















カネロ スミス [海外ボクシング]



1~4Rは基本的にカネロがコンビネーションで攻め、
スミスがガードを固める展開。

たまに隙を見てスミスが反撃するも
クリーンヒットは少なく、コンビネーションの多彩さで
カネロのポイントで終始する。


スミスは常に攻防分離状態。


5R

多彩なコンビでスミスのガードをこじ開けようと試みるカネロ。

交互に攻めと守りをするような展開ながら
スミスが終盤にラッシュをかけてポイントはスミス。


6R

ようやく打ち合いが激しくなりそうな気配。
カネロが巧みにアッパーを使うもスミスはガード。
終盤は両者動きが少ないラウンドに。


7R

カネロがスミスのガードの上から
お構いなしに打ち込み始める。

1分過ぎ

カネロがロープを背負い

スミスの必死の攻めを受けながら
ボディからフックで

ダウンを奪う。

しかしカネロの追撃が甘く、
ラウンド終了間際にスミスに攻め込まれる。


8R

カネロが最初から攻め込むかと思いきや
割りと静かな立ち上がりに。

ガードを固めながら前に出るスミス。

下がりながらカネロがアッパーからボディーで
再びダウンを奪う。


9R


スミス、ダウンの影響はないかのような動き。

カネロは攻めさせながら再びボディーでダウンを奪い、
レフリーは5カウントまで数えた後
手を交差させ試合終了。



カネロのTKO勝ちに。




試合後のインタビューでは

GGGから逃げているかのような印象を
持たれているとの質問に、あくまでも強気に


私は誰も恐れていない。
私がBESTだ。

と答えていたけど、


真意は如何に。





簡単ながら速報は以上です。









いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP






WOWOW











GGG ロマゴン [海外ボクシング]

海外サイトより



O2アリーナの19000オーバーの観客の前で
17回連続の世界タイトル防衛をしたゴロフキンは、

ミドル級のすべてのタイトルを獲りたいとのこと。


Golovkin: I wanted a “Big Drama Show” / Confirmed: Brook suffered broken eye socket



ブルックは、カムバックを宣言しつつも
次の試合のウエイトを決めるのは少し時間が必要。

とコメント。





そしてロマゴン。


キャリアの中で最も困難な戦いであったことを強調し、

自分の先生であるアルゲリョを称え、母国と家族に
捧げる勝利であることを語り、

グアドラスのディフェンスが予想よりも優れていたことも
付け加えている。


Chocolatito: Most difficult fight of my career





日刊スポーツは裏面に

ロマゴンと井上のツーショット写真が
デカデカと掲載されている。


ロマゴン井上.JPG


ロマゴンと井上の試合に関して

帝拳の本田会長いわく、
2~3試合挟んで来年末を考えている

とのこと。


大橋会長は

タイミングが合えばいつでもいいが、
お互いベストコンディションで実現させたい。


とのことなので、
ほぼ鉄板でしょ。





珍しく顔を腫らせたロマゴン。


ロマゴン.JPG



田舎の小学生のように朴訥としているが

46戦全勝だもんな。凄すぎる。


仮にロマゴンが3戦挟んでから
井上と対戦したら、

50戦目ということになる。


マルシアノとメイの記録を抜く
大事な試合が井上戦になったとしたら、

世界の注目度はさらに上がりそうだ。






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP






WOWOW













GGG ブルック [海外ボクシング]


1R

早くも両者の戦い方があきらかに。

Gが追ってBが逃げる形が出来上がりそうな気配。

Gがコーナーい追い込み
左フックがハードヒットし、Bがぐらつくシーンがあった。

まさかここで終わるのか?と嫌な雰囲気があったが、
なんとかしのぐB。

終盤に反撃に転じ会場を盛り上げる。




2R

Gがプレスを強める。
しかしBも1Rよりは軽快な動きになってきた。
Gにアジャストしてきたようだ。

残り46秒くらいに左アッパーをヒットし、
追撃の連打もヒットさせてポイントはB。




3R


足が絡まってBが転ぶシーンがあったあと、
Gが猛追。Bはいなしきれない。

残り時間が1分くらいのところで
Bがコンビネーションで反撃するも
終盤にGに打ち込まれB鼻血。




4R

上下のコンビネーションで攻め始めたB。
Gの機先をうまく制している。

しかし両者ややオーバーペースか。
前出てG、下がってBで
ともにクリーンヒットは同じくらいか。




5R

序盤からGのコンビネーションで苦しい展開になったB.
時よりの反撃に会場は盛り上がるが、
クリーンヒットしていない。


Gがプレスを強めBが防戦一方になりつつあるくらいの
タイミングでBの陣営がタオルを振っている。

棄権の合図。


レフリー気づかず。

しまいにタオルが投げ込まれレフリーが試合を終了した。

防戦一方といってもまだまだボディワークは健在だったし、
パンチも見えていたと思うのでちょっと不可解な棄権に見えた。


結果Gの5RTKO勝ち。



詳しいことは明日以降に発表されるでしょう。



簡単ながら速報は以上です。






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP















livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner