So-net無料ブログ作成

海外ボクシング ブログトップ
前の5件 | -

GGGカネロ ジャッジペーパー [海外ボクシング]



GGGとカネロの試合は
意外な結果になってしまった。



スコアカード.jpg


Canelo Alvarez, Gennady Golovkin Battle To a Split Draw


118-110
115-113
114-114


の3者3様に。


ジャッジペーパーを見ると

118-110のジャッジは明らかに
変な採点をしている。


序盤はカネロの先制攻撃がうまくいったのは分かる。

そこは問題ない。


潮目が変わったのは4R。


明らかに守勢になった。


5Rもこの流れのままだったが、
アホジャッジはカネロに振っている。
さらに同じ流れの6Rも。


8Rの序盤にはカネロが
ちょっとグラつくシーンがあった。

バランスを崩しただけだろうが
細かいパンチの被弾も多く、

ラウンド後半に1発だけ良い右アッパーが当て返したものの
ポイントを取るまでには至っていない。


9Rも基本的にはGGGが終始攻めているラウンドで
カネロは1発大きいパンチを当てているが、
これもポイントを取るに至っていないラウンドだが、

両方ともアホジャッジはカネロに振っている。


他2人はGGGのポイント。



ラスト3ラウンドはジャッジ3人とも
カネロのラウンドにしているが、

11RはGGGのラウンドだと思われる。



私の採点は115-113でGGGだったが、

デラホーヤは逆で115-113でカネロだったらしい。



因みに非公式のCompuBoxの統計によると

GGGのパンチ数は703発でカネロよりも49発多く、

パワーショットはカネロの方が多かったらしい。

ジャブに至ってはカネロがGGGの2倍近く打っていたとのこと。


カネロのパワーショットの数っていうのは
12Rに集中していたのでは?




今日の日刊スポーツには
この記事のことは試合を観戦していた
村田のコメントとして23面に
短冊くらいの幅で掲載されていた。


村田曰く、

「ゴロフキンがピークを過ぎている。
魔法が解けている。」


とのコメント。




うーん、まぁ、そうねぇ。



カネロの方はメイ戦で魔法が解けてたけどね。









いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村



ボクシングJP













nice!(0)  コメント(0) 

井上 高評価 [海外ボクシング]




今日の日刊スポーツの1面は井上の記事。


当然だな。


違う記事を1面にしているスポーツ紙が不思議だ。



圧倒した内容はアメリカでも絶賛されている。




井上アメリカ.jpg



Inoue brutalizes Nieves in monster performance


Naoya Inoue Makes 'Monster' Debut in United States





HBOの幹部や今回の興行を主催したK2プロモーション側も
絶賛しているようだ。


ダウンを奪ったボディーブローだけでなく、
左フックもフリオ・セサール・チャベス・シニアのようだと
高評価らしい。



日刊9面に手数の集計が載っている。


6R終了TKOだったので6R分のパンチ数は
井上467発 ニエベス216発 だそうだ。


この手数は多いな。


同じペースでフルラウンドやっていれば900発を超える
手数ということになる。


これはチャベス・シニアと
メルドリック・テーラーが戦った1戦目の方の
テーラーの手数と同じくらいになる。




因みに衝撃のTKO負けを喫したロマゴンは
リングを降りたあとそのまま病院へ直行だったとか。


完全にこれまでの神々しさはなくなってしまったな。



シーサケットの白いロングソックスはダサすぎて
アホの小学生かと思ったが、

見事な切り替えしの右フックだった。




井上の今後に関しては
今のところ海外サイトなんかには出ていないが、

次はシーサケットがエストラーダとやるんだろうから、
すんなりその勝者とっていう運びになるのかどうか。




エストラーダと井上ってのは見たいね。







ところで井岡って何してんの?







いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村


ボクシングJP




Amazonランキング1位
電子書籍無料キャンペーン

   ↓↓↓

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/CPTdlvKC/













nice!(0)  コメント(0) 

UFCとのからみ [海外ボクシング]


メイとマクレガーの試合は話題になった。

もうUFCとボクシングのからみはないだろうと思っていたら、


アンドレ・ベルトがUFC参戦を表明。


格闘技一家であるベルト。

父デュセルが1996年のUFCに参戦しており、
妹のレヴェリーナも元MMAの選手だったとか。



メイウェザーvsマクレガー戦について試合直後に
格闘技メディア『TMZ』のインタビューを受けたベルトは、

「コナーは多くの可能性を見せた。ボクシングのリングでも戦えるし、
成功できるぜ」と友人であるマクレガーを高く評価。

そして、あなた自身は誰か総合格闘家と戦いたいかと尋ねられると
「全員だ」と答え、カメラに向かって
UFCのデイナ・ホワイト社長にメッセージを送ったとか。


なんだかな、って感じだ。



既に現在のウェルター級では
居場所がないのを感じたか。


若手のステッピングストーンはプライドが許さないか。



因みに、マクレガーと戦ったメイは


「マクレガーの未来はボクシングではない。
UFCにと留まってベストであるところを見たい」

http://fightnews.com/mayweather-advises-mcgregor-stay-ufc/3919


と申しております。



そんなニュースが飛び込んできた翌日、
今度はUFCでマクレガーと因縁のある
UFCの元王者のジョセ・アルドが

ボクシングへの参戦を望んでいるとのニュースが。



それも継続的に。




UFCとの契約を早く終わらせて
ボクシングをしたいそうな。


すでにロベルト・ガルシアのジムに通っているらしい。


アルドは総合格闘技の世界では
強烈な打撃を誇っているそうで、


最大の武器はローキックとヒザ蹴り。



・・・・・。




これはフェイクニュースか?






いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村


ボクシングJP



お金持ちプロジェクト
http://kawamotosadayoshi.info/ad/5482/759776











nice!(0)  コメント(0) 

デラホーヤのご立腹 [海外ボクシング]

デラホーヤがご立腹のようだ。


メイーマクレガー戦について
かねてより、ツイッター等で

「ただ金儲けのためだけに行われる試合」、

「明らかなミスマッチなので、ファンはこの試合を見ないでほしい」。

なんて言ってたけど、




ボクシングシーン.COMには試合後の怒りを掲載。


「もちろん、頭にきていたさ。

ツイートはボクシングというスポーツを
守りたかったからしたこと。

メイウェザーとマクレガーの試合は詐欺と言ってもいい。

メイウェザーはあの試合の最初の4ラウンドで何もしていない。

10ラウンドで試合は終わったが、報道によると、
メイウェザーは10ラウンドで自分が勝利することに
金を賭けていたというじゃないか。みんなは騙されているんだよ。

メイウェザーはこういう男なんだと声を大にして言いたいね。
本当にうんざりしているよ」。




とのこと。




同日にコット亀海の視聴者数に影響が出たからか、

かつてのメイとの対戦の判定負けのわだかまりが
あるせいか、多分その両方なんだろうけど、


デラホーヤのメイへの怒りは収まらないようだ。




現役中は業界内の政治力が一番ある選手だったデラ。


ミドル級奪取の試合なんかは
しくまれた6階級制覇に思えたもんだけどね。




ボクシングっていうスポーツを守りたいっていうんなら

そういう位置にいなかった選手に発言してもらいたいもんだ。




政治力があろうとなかろうと、
デラホーヤは良い選手だったと思うけど、


メイのことに関しては
どうも個人的なことで怒っているように思えてならない。





いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村


ボクシングJP



お金持ちプロジェクト
http://kawamotosadayoshi.info/ad/5482/759776







nice!(0)  コメント(0) 

GGGカネロ 公開練習 [海外ボクシング]

GGG とカネロが練習を公開

リングマガジンの公式サイトで見れます。


https://www.ringtv.com/


GGG公開.jpg


カネロ公開 (1).jpg



いつもクリックありがとうございます。


にほんブログ村




ボクシングJP








nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 海外ボクシング ブログトップ
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
  • SEOブログパーツ
seo great banner